そこ、開いていますか?

旅先で、楽しみにしていた観光施設やお店が閉まっていた・・・ありうることとはいえ、直面するとがっかりしますよね。なんで確認しなかったんだろう!と現地で思う前に、公式ホームページやSNSを使って営業日や営業時間を確認しておきましょう。どうしても行きたいところならば電話で確認するのも良い方法です。 特に、念入りに確認をしておきたい行き先が2つあります。1つ目は工芸体験などの体験施設。ショップは営業時間いっぱい開けているけれど、体験コーナーは営業時間1時間前に入場を締め切る、というケースもあるからです。特に初めての体験をしたい場合は思ったよりも時間がかかることが多いので、終了時間に余裕をもって出かけたほうが安心して楽しめます。もう1つは大型のテーマパーク。飲食施設やアトラクションがメンテナンスやリニューアル中ということがあるため、お目当ての施設が休止していないかチェックしておくと無難です。

備えは万全?健康は自分で守る!

念入りに天気予報をチェックしていても、急な天気や温度の変化に見舞われることはあるもの。慣れない土地であれこれ買いなおすよりは、使い慣れたものを少し持っていくほうがお金も手間も取らずに済みます。 寒さ対策には上着はもちろん、スカーフやストールが便利。お腹や首に巻くだけで暖まります。暑さ対策には、折りたたんでバッグの隅に入れて置ける布製の帽子が便利です。水で濡らして使うスカーフがあってもいいですね。暑がりな場合や、小さなお子さんや高齢者など温度調節が苦手な同行者がいる場合は、冷却シートもあるとすぐに使えて安心です。 その他、普段ちょっと体調を崩した時に使う市販薬を持っていくのも便利。薬があるというだけで心強いものです。意外なところでは小銭も健康対策に役立ちます。急な雨で体が冷えたという時に大きなお金を崩すことなく温かいものが買えます。メインのお財布とは別に、小銭入れを用意しておくとよいでしょう。